藤見

過日、一説には樹齢1200年とも言われ、国の特別天然記念物にも指定されている「牛島の藤」を見に行ってきました。

牛島の藤 藤花園 http://www.ushijimanofuji.co.jp/
※藤花園の開園は5月7日(日)で終了

藤の花はひとたび満開となると散るのも早く、今回ちょうど見頃の時に訪れることができ僥倖でした。

c0334773_22481670.jpg

弱く風が吹くたびに藤の長い花房がたおやかに揺れ、紫が一面にたなびく幻想的な風景。

c0334773_22553209.jpg

藤棚に足を踏み入れると、花の蜜を吸うために熊蜂や蝶がそこかしこに。
最初こそ熊蜂の羽音には驚きましたが、蜜を集めることに夢中で雀蜂などのように人に危害を加えるようなことはほとんどないようです。

c0334773_22570503.jpg

甘い香りが辺り一面に広がり、昆虫でなくとも思わず吸い寄せられてしまいます。

c0334773_23032578.jpg

あまりの美しい光景に、ついつい長居をしてしまいました。

c0334773_22580196.jpg

総面積700平方メートルに及ぶ藤棚をぐるりと回り、どこで上を見上げてみても一面に広がる紫の花房。
ここまで見事な花を咲かせるには藤の木自体の生命力もさることながら、長きにわたりこの木を守り育ててきた、多くの人々のたゆまぬ努力があってこそという気がします。

この大きな藤棚以外にも、藤花園内には樹齢数百年とされる藤棚がいくつかあり、またツツジや菖蒲など季節のとりどりの花が目を楽しませてくれました。

c0334773_22485468.jpg

カメラを縦向きにして撮っても全て収まらない長さの花房もあり驚いてしまいます。最も長いものとなると2mにも及ぶそうで圧巻です。

c0334773_23262395.jpg




[PR]
by iris-accessory | 2017-05-08 19:16 | 風景・日常