カテゴリ:風景・日常( 17 )

Christmas Eve

Christmas Eve

c0334773_21363281.jpg



[PR]
by iris-accessory | 2017-12-24 21:38 | 風景・日常

皇居乾通りの一般公開

皇居乾通りの一般公開へ行ってきました。
※乾通りの一般公開は12月2日(土)~10日(日)まで。春季、秋季の二度行われるそうです。

二重橋。
テレビ映像などでは見慣れたものですが、実際に足を運んで見たのはこの日が初めてだったので、ついつい何枚も写真を撮ってしまいました。
c0334773_19241461.jpg

坂下門から乾通りへ。宮内庁を正面から。
c0334773_19244934.jpg

富士見櫓。乾通りから見た紅葉と高層ビルとのショット。
「富士見」という言葉は地名や町名など各地に見られますが、やはり昔はここに登れば遠く富士山を眺めることが出来たのでしょうか。
c0334773_19250131.jpg

今年の秋は気温の低い日が多かったせいでしょうか、紅葉が特に美しい気がします。
c0334773_19253976.jpg

c0334773_19260329.jpg

c0334773_19261601.jpg


道潅堀。
最初に江戸城を築城した太田道灌の時代の堀と言われています。

c0334773_19262540.jpg

c0334773_19264308.jpg

楓の赤、銀杏の黄色、青空の対比がきれいです。
c0334773_19270255.jpg

こちらは木々と立ち並ぶ高層ビルの対比。
c0334773_19274057.jpg

北桔橋門(きたはねばしもん)から入ってすぐに天守台が見えてきます。

過去には五層の天守を戴いていたそうで、ご存知の方も多いかと思いますが四代将軍徳川家綱在位中の「明暦の大火」により焼け落ちたそうで、三代将軍家光の異母弟、家綱の叔父にあたる保科正之の江戸城下の復興を優先させるべしとの進言により再建されることはなく現在に至るそうです。
c0334773_20050019.jpg

c0334773_20201058.jpg

天守台を登った所からの眺め。
c0334773_20171438.jpg

c0334773_20045175.jpg

初公開だという、富士見多聞からの眺望。一旦靴を脱いでの見学です。
c0334773_22121400.jpg

番所。
c0334773_22210728.jpg

c0334773_22213306.jpg

門の内と外ではまるで違う時代になっているようで、なんだか面白くなって撮った写真。
c0334773_19291029.jpg


[PR]
by iris-accessory | 2017-12-11 22:34 | 風景・日常

藤見

過日、一説には樹齢1200年とも言われ、国の特別天然記念物にも指定されている「牛島の藤」を見に行ってきました。

牛島の藤 藤花園 http://www.ushijimanofuji.co.jp/
※藤花園の開園は5月7日(日)で終了

藤の花はひとたび満開となると散るのも早く、今回ちょうど見頃の時に訪れることができ僥倖でした。

c0334773_22481670.jpg

弱く風が吹くたびに藤の長い花房がたおやかに揺れ、紫が一面にたなびく幻想的な風景。

c0334773_22553209.jpg

藤棚に足を踏み入れると、花の蜜を吸うために熊蜂や蝶がそこかしこに。
最初こそ熊蜂の羽音には驚きましたが、蜜を集めることに夢中で雀蜂などのように人に危害を加えるようなことはほとんどないようです。

c0334773_22570503.jpg

甘い香りが辺り一面に広がり、昆虫でなくとも思わず吸い寄せられてしまいます。

c0334773_23032578.jpg

あまりの美しい光景に、ついつい長居をしてしまいました。

c0334773_22580196.jpg

総面積700平方メートルに及ぶ藤棚をぐるりと回り、どこで上を見上げてみても一面に広がる紫の花房。
ここまで見事な花を咲かせるには藤の木自体の生命力もさることながら、長きにわたりこの木を守り育ててきた、多くの人々のたゆまぬ努力があってこそという気がします。

この大きな藤棚以外にも、藤花園内には樹齢数百年とされる藤棚がいくつかあり、またツツジや菖蒲など季節のとりどりの花が目を楽しませてくれました。

c0334773_22485468.jpg

カメラを縦向きにして撮っても全て収まらない長さの花房もあり驚いてしまいます。最も長いものとなると2mにも及ぶそうで圧巻です。

c0334773_23262395.jpg




[PR]
by iris-accessory | 2017-05-08 19:16 | 風景・日常

桜と春の花々

満開のソメイヨシノ。
桜といえば真っ先に思い浮かべるものです。

c0334773_16313731.jpg

c0334773_16310380.jpg

c0334773_17182909.jpg

c0334773_16411824.jpg

この季節、桜の花の華やかな美しさに目を奪われてつい上ばかり見上げてしまうのですが、地面に目を向けて見ればここにも花たちはしっかりと根を張り、可憐なだけでなくどこか強さを感じさせながら今を盛りと咲いています。

c0334773_16433342.jpg

c0334773_16441099.jpg

c0334773_23494049.jpg




[PR]
by iris-accessory | 2017-04-14 21:56 | 風景・日常

谷根千散歩

少し前に谷中、千駄木や根津近辺をぶらりと散策しました。

根津神社の乙女稲荷

c0334773_00102690.jpg

厳かで、ここを抜けるとどこか別の、不思議な世界に繋がっているのではないかと思わず考えてしまう朱塗りの鳥居の群れ。

c0334773_00103547.jpg

そう長い距離ではないはずですが、ずいぶん歩いたような気がしました。

c0334773_00105216.jpg

神社の木々も少しずつ色付き始めていましたが、うっかりして写真を撮るのを忘れてしまいました。

c0334773_23400164.jpg

のんびり散策の途中に訪れたかき氷専門店「ひみつ(氷蜜)堂」さん http://himitsudo.com/

もう晩秋といっていい時期でしたが、大人気でした。注文したメニューは秋冬限定の煮りんごみるく。写真を撮らせていただいてすぐに食べ始めましたが氷がふんわりとしていて口当たり良く、一度も頭がキーンと痛くなりませんでした。煮りんごとミルクの相性もぴったりで美味しくいただきました。




[PR]
by iris-accessory | 2015-11-30 22:19 | 風景・日常

秋の風

このところぐっと気温も下がり、すっかり秋めいてきました。
写真は以前すれ違った猫さん。飼い猫なのか、はたまた野良猫か…なんとも幸せそうな寝顔です。

c0334773_14204963.jpg


[PR]
by iris-accessory | 2015-10-05 21:15 | 風景・日常

いつかの秋の空

どこからか金木犀の花の香りが漂う季節となりました。

c0334773_20480125.jpg

写真はいつかの秋晴れの日。
紅葉は私の在住する地域ではもう少し先になりますが、秋は最も好きな季節です。

[PR]
by iris-accessory | 2015-09-24 20:53 | 風景・日常

ブルームーン

八月に入りました。
蝉の鳴く声もますます旺盛となり、まさに盛夏。

写真は七月最後の日のブルームーン。
2,3年の周期でひと月に二度満月が現れることをブルームーンと呼ぶそうです。三脚もなく慌てて撮影したのですが意外なほど綺麗に撮れたので少し嬉しくなりました。


c0334773_16304509.jpg

[PR]
by iris-accessory | 2015-08-02 19:33 | 風景・日常

紫陽花

本日は私の在住する地域では午後から雨に。
紫陽花の色付く季節となりました。

c0334773_19513984.jpg

c0334773_19513068.jpg


作品も少しずつ制作中です。また後日紹介させていただきます。


[PR]
by iris-accessory | 2015-06-05 19:57 | 風景・日常

路地に咲く

ナガミヒナゲシ。
可憐な見た目と裏腹に、ずいぶん強靭な植物だそうです。

c0334773_21114094.jpg

[PR]
by iris-accessory | 2015-05-13 21:12 | 風景・日常