<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いくつかのヴィンテージグラスストーンのバックフォイルを剥がしてみました。
他にも方法はあるようですが、台所用漂白剤の原液に数時間漬けておくと画像のようにフォイルが剥がれていきます。
後は水ですすいで柔らかいスポンジでこすると、残った部分も綺麗に落とすことが出来ました。
フォイルをオフしたストーンは光が通りすっきりと澄み切ったみずみずしい印象です。

c0334773_15284174.jpg

フォイルの有無で印象もだいぶ変わるので、ヴィンテージストーンが持つそれぞれの個性に合うよう作品作りに使用していきたいなと考えています。

個人的には、長い時の経過をうかがわせる剥がれかけであったり、黒ずんだフォイルを付けたままのストーンにも魅力を感じます。
古いもの、長い時間を過ごし独特の風合いや雰囲気をまとったものの持つ味わいを大切にしていけたらなと思います。


[PR]
by iris-accessory | 2016-05-15 16:58 | アクセサリー制作雑記