<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月24日(土)、東京オペラシティ2階オフィスロビーにて 開催されました「東京オペラシティMOTTAINAIてづくり市」。
天候が優れず、お足元の悪いなかご来場くださりブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にありがとうございました。

また、近隣のブース出展者の方々とも少しお話が出来、嬉しかったです。今後の励みになりました。お話していただきました皆様本当にありがとうございます。

c0334773_22294729.jpg

c0334773_22322228.jpg


[PR]
by iris-accessory | 2016-09-26 21:18 | イベント出展、その他のお知らせ

9月18日(日)配信のiichi(いいち)メールマガジンにて、Iris-Accessoryの作品を掲載していただきました。

iichi通信vol.615 *乙女のアクセサリー* 私のトレードマーク・ストーン。
https://www.iichi.com/newsletter/20160918

掲載されました作品はこちらです。
大粒シトリンのブレスレット
c0334773_21325835.jpg
c0334773_21334882.jpg
c0334773_21361997.jpg
c0334773_21360433.jpg

その他にも天然石や少し珍しいヴィンテージ素材などを用いたアクセサリーを出品しております。

iichiショップページ https://www.iichi.com/shop/accessory-iris
ご覧いただけましたら幸いです。


[PR]
by iris-accessory | 2016-09-19 21:44 | イベント出展、その他のお知らせ

カットスチールボタン

カットスチールとは、ファセット(多面)カットを施した小さなスチール(鋼、鉄合金)のパーツの事です。ダイヤモンドの見た目を真似たものとして18世紀頃登場し、隆盛を極めましたがスチールは鉄を主成分としている為錆びやすく、高価だったこともあり次第に生産されなくなりました。19世紀の終わり頃まで生産されていたそうです。
私が所有している全面カットスチールで覆われた大きなボタンは19世紀フランス製のものです。

c0334773_14432390.jpg
c0334773_14433004.jpg


エナメルボタン

エナメル(七宝焼き)の技法は古く、紀元前の中近東にまで遡ります。金属の下地に釉薬を乗せ高温で焼き上げるという手法で、ブローチなど小さな装身具から壺や皿、香炉といった工芸品、家具などの大きなものまで作られるものは多岐にわたります。
長期間劣化せず美しさが半永久的に保たれるエナメルは、18~19世紀頃にはこういったボタンにも多く使用されていたようです。
こちらはエナメルにカットスチールを合わせたボタン。繊細な花々の絵付けが美しいボタンです。

こちらのボタンはおそらく19世紀後半頃の製作と思われます。
こういったエナメルボタンはこのボタンのようにカットスチールと組み合わせたもの、ペースト(カットを施したガラス製のストーン)で縁取ったものや金属の一部分にオープンワークを施したものなど華麗なものが多く、コレクターの方の収集品やネットショップ、オークションなどをたまに覗いては目の保養にしています。

c0334773_14443497.jpg
c0334773_14444417.jpg


どちらのボタンも現在ではほとんど製作されていないボタンです。特にカットスチールは失われた技術と言えるかもしれません。
縁あって私のもとに来たボタンたち。大切にしていきたいと思います。

c0334773_14451590.jpg
c0334773_14454134.jpg

[PR]
by iris-accessory | 2016-09-14 21:28 | Buttons

Iris Glass

アイリスガラス。青、赤、緑のラインが入った虹を思わせる美しいヴィンテージグラスストーンです。
チェコや西ドイツ製のものがありますが、元々は20世紀の初頭、現在でもガラスや宝飾品の製造、産地としても有名なチェコのヤブロネツという地域でアイリスクォーツ(レインボークォーツ)を真似て製造されたことが始まりとされています。

c0334773_22583058.jpg

Iris(アイリス)とはギリシャ語で虹を表すイリス、虹を司る女神の名にちなんで付けられた名前です。

年代によって色味の出方に違いがあり、色味が柔らかく、ラインが淡くにじんでいるものは比較的古く、色味が濃くくっきりと出ているものは40~60年代頃のものが多いと言われています。
そのことから、私が所有しているルース、ボタン、ペンダントトップ等は比較的新しいものかと思われます。

c0334773_22593049.jpg

こちらはアイリスガラスをクリアグラスストーンで取り巻いたボタン。どこから見てもキラキラで文句無しにゴージャスです。直径は2.8cmほど。

c0334773_22594982.jpg
c0334773_22595981.jpg


アイリスガラスのペンダントトップ。縦2.2cm、横1.3cmほどでしっかりとした存在感があります。細かな葡萄の房の彫刻が美しく、裏面はゴールドフォイルの為一層輝きが増して見えます。クラシックでシンプルなネックレスにしようかなと思っています。

c0334773_22584132.jpg


こちらは西ドイツ製、葉っぱの形のフロストタイプのグラスカボション。どちらも1cm少々のごく小さなものですが青、赤、緑の色合いはしっかり出ています。

c0334773_21144506.jpg



[PR]
by iris-accessory | 2016-09-07 21:53 | Materials


iichiにコットンパールを使用したブレスレット、ロングネックレスの2点を出品いたしました。

※使用しましたラインストーンの爪留めが着用する洋服の生地によっては(目の粗い、ざっくりとしたニットなど)少々引っかかりが起こる場合があります為、どちらも少難、訳あり品としてお値打ち価格での出品です。

少難・訳あり】コットンパールとラインストーンの4連ブレスレット
c0334773_22510293.jpg
c0334773_22513560.jpg
c0334773_22514534.jpg

少難・訳あり】コットンパールとラインストーンのロングネックレス
c0334773_22530664.jpg
c0334773_22561233.jpg
c0334773_23054452.jpg

その他にも天然石や少し珍しいヴィンテージ素材などを用いたアクセサリーを出品しております。

iichiショップページ https://www.iichi.com/shop/accessory-iris
ご覧いただけましたら幸いです。


[PR]
by iris-accessory | 2016-09-05 23:10 | 出品のお知らせ