皇居乾通りの一般公開

皇居乾通りの一般公開へ行ってきました。
※乾通りの一般公開は12月2日(土)~10日(日)まで。春季、秋季の二度行われるそうです。

二重橋。
テレビ映像などでは見慣れたものですが、実際に足を運んで見たのはこの日が初めてだったので、ついつい何枚も写真を撮ってしまいました。
c0334773_19241461.jpg

坂下門から乾通りへ。宮内庁を正面から。
c0334773_19244934.jpg

富士見櫓。乾通りから見た紅葉と高層ビルとのショット。
「富士見」という言葉は地名や町名など各地に見られますが、やはり昔はここに登れば遠く富士山を眺めることが出来たのでしょうか。
c0334773_19250131.jpg

今年の秋は気温の低い日が多かったせいでしょうか、紅葉が特に美しい気がします。
c0334773_19253976.jpg

c0334773_19260329.jpg

c0334773_19261601.jpg


道潅堀。
最初に江戸城を築城した太田道灌の時代の堀と言われています。

c0334773_19262540.jpg

c0334773_19264308.jpg

楓の赤、銀杏の黄色、青空の対比がきれいです。
c0334773_19270255.jpg

こちらは木々と立ち並ぶ高層ビルの対比。
c0334773_19274057.jpg

北桔橋門(きたはねばしもん)から入ってすぐに天守台が見えてきます。

過去には五層の天守を戴いていたそうで、ご存知の方も多いかと思いますが四代将軍徳川家綱在位中の「明暦の大火」により焼け落ちたそうで、三代将軍家光の異母弟、家綱の叔父にあたる保科正之の江戸城下の復興を優先させるべしとの進言により再建されることはなく現在に至るそうです。
c0334773_20050019.jpg

c0334773_20201058.jpg

天守台を登った所からの眺め。
c0334773_20171438.jpg

c0334773_20045175.jpg

初公開だという、富士見多聞からの眺望。一旦靴を脱いでの見学です。
c0334773_22121400.jpg

番所。
c0334773_22210728.jpg

c0334773_22213306.jpg

門の内と外ではまるで違う時代になっているようで、なんだか面白くなって撮った写真。
c0334773_19291029.jpg


[PR]
by iris-accessory | 2017-12-11 22:34 | 風景・日常